アンティーク塗装研修参加

こんにちは!(^^)!

ミッTです。毎日暑いですがみなさんいかがお過ごしですか?

私は最近のオフの時は、二人の娘の自由研究の手伝いに追われていました。

私と同じような状況の方きっといらっしゃいますよね・・・。

 

ところで、8月23日に野田でアンティーク(エイジング)塗装研修が行われました。

そこに私も参加させていただきました。無垢のドアを講習を受けた後に、技法を加えて

それぞれ仕上げるといった内容でした。

今回講習を受けたエイジングの種類は、

①ピーリング (剥がし加工)

ドアの面の部分的にペンキを剥がした技法を加えたものです。

②クラッキング (ひび割れ加工)

塗り重ねる塗料の乾燥の差で生み出されてひび割れする技法です。

仕上げ塗装途中の画像ですが、こんな感じです。

ブラックを下色にし、上からグレーを塗装。

ピーリング、クラックの技法を加えていきます。

そして最後にさらにアンティーク感を出すために上塗りで

仕上げです♪

今回の内容は、ノーザンのオリジナルドアの仕上げでは

普段やっていることでしたが別の視点でエイジングについて

学べたことは凄く勉強になりました!

オリジナルのドアの仕上げに活かしていきたいと思います♪

ミッT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA